千葉おすすめ飲食店ブログ【雲の上はいつも晴れ】

天気が悪くても、雲の上はいつでも青空。

相続税対策で生前贈与するポイントは?

相続税対策

 

相続税対策の一つに生前贈与をする方法がありますが、どのようにすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。
そこで生前贈与をする時にポイントになる点を挙げていくので参考にしてみて下さい。

生前贈与をすると基本的に贈与税が課せられるので、支払わなければいけなくなります。
しかし年間110万円以内であれば非課税になるので、贈与税を支払う必要もなくなります。

毎年コツコツ110万円以内の範囲で生前贈与をしていけば大幅な節税にもなります。
専門家の税理士も相続税対策で生前贈与を行う時は、毎年コツコツ110万円以内の範囲でした方がいいとアドバイスをしてくれる事が多いです。

生前贈与をする時は、ただ金銭を渡すだけではいけません。
税務署がしっかり生前贈与をしているのかどうか、把握する事が出来るようにする必要があるので、契約書を作成しなければいけません。
生前贈与をするたびに作成するのが望ましいので、忘れないようにしましょう。

また生前贈与をする時は、通帳やキャッシュカードの名義を変えるだけではいけません。
贈与する子供や孫に対して通帳やキャッシュカードを渡して、自由に使える状態にしなければいけないので、その辺りも注意するようにしましょう。

 

souzokuzeitaisaku.adlink-kk.ne.jp

相続税対策に有効な生前贈与

相続税対策には様々な方法があるといわれていますが、その中でも最も効果があるとされているのが生前贈与ですね。
生前贈与とは、その名の通り生前に財産を贈与することを指すものです。
生前に贈与することで、相続する金額が減るので、結果的に相続税も安くなるというからくりとなっています。

しかしこの生前贈与には、贈与税が発生する可能性があるという、注意すべきポイントがあります。
贈与税には課税対象と非課税対象があるため、非課税対象になる方法を選択する相続税対策にもつながっていくのです。

では、どのような場合非課税対象になるのかというと、基礎控除を利用したものが最もわかりやすいでしょう。
実は贈与税というのは年間110万円以内であれば課税されないという決まりがあります。
110万円というと微々たるものかもしれませんが、早いうちから行っていればかなり効果を発揮してくれるはずです。

この方法でひとつ気をつけておきたいのが、10年間同じ金額を贈与していると定期贈与であるとみられてしまい、その贈与が始まった年から贈与税が合算で発生してしまうという部分でしょう。
長く基礎控除を利用しようと考えているのであれば、少しずつ金額を変えてみたりといった工夫が必要です。

非課税対象の生前贈与には相続時精算課税制度や居住用不動産の配偶者控除などもあるため、自身が当てはまるものはどれか事前に確認をし、相続税対策として生前贈与を活用したいものですね。

生前贈与で資産を移動させる相続税対策

現在の日本の贈与税基礎控除額は110万円ですので、年間110万円までの生前贈与には課税されません。
銀行口座などに現金の資産をお持ちの方々が、生前から遺産を譲り受ける人に対して行えるもっとも簡単な相続税対策が、この110万円までの生前贈与を利用した方法です。
この110万円までの生前贈与を利用することができるならば、遺産を譲り受ける人に対して無課税で少しづつ資産を移動させることが出来ます。

亡くなる前からの資産移転になりますので、贈与する側になる被相続人との合意や、贈与を受ける人である兄弟姉妹間での円満な合意が出来る方におすすめの相続税の対策になります。
具体的な方法は、110万の贈与を合意する贈与契約書を作成し、子に対して毎年110万円づつ贈与していけば無課税での資産の移転が可能となってきます。現金でも、銀行間の口座振替でもどちらでも可能です。

ただし、注意する点としてあげられるのが、毎年の定期贈与ととらえられると課税の対象となる場合があることです。
毎年の定期贈与ととらえれれないようにするためには、簡単にでも良いので毎年ごとに贈与契約書を作成しておくことが必要になります。
更に、生前贈与の理由を毎年その都度少しづつ変える工夫を行えば、問題なく資産を移動させることが可能です。

長い目で見てコツコツ続ける相続税対策

そもそも相続税は何億何十億といった財産を持っている人にしか関係ないと思っている人が意外と多いもの。
しかし財産総額が3600万円~7000万円でも、場合によって相続前が関係してきます。

そこでそのくらいの財産総額があるという人におすすめの相続税対策が生前贈与。
正確な財産の計算方法は難しいのですが、大体財産総額が3600万円~7000万円であるという人であれば、やっておいても損はありません。

これは、1/1から12/31までの1年間で110万円までの範囲で贈与するという相続税対策。
通常生きている時に財産をもらった場合には、贈与税という税金がかかりますが、年間110万円まであれば一切贈与税がかからないのです。

具体的な例を挙げると、父親が毎年子ども2人に110万円ずつ贈与し続けたとすると、10年間で2200万円、15年で3300万円もの財産を無税で子どもに与えることができることになります。

相続税の節税効果があるだけでなく、もしも父親が亡くなった時に残った財産総額が基礎控除額以下となっていたら、支払う相続税は0円となる可能性もあるのです。

長くコツコツと取り組む必要がある対策ですが、誰もが簡単に自分でできてリスクが低い相続税対策です。
ただし贈与したお金は親が管理するのではなく、通帳や印鑑を渡して子ども自身が管理する必要がありますので気を付けましょう。