読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

水道管凍結のための準備の後片付けが大変

天気予報を見ていると、大雪になる恐れがある強い寒気が日本に来ると言っていました。
私が住んでいるところは平地で海も近いので、大抵は取り越し苦労で終わるのですが、
この度は最低気温の予想が-5度とのことで、水道管の凍結に注意してくださいとお知らせがありました。
私の家では、洗濯機も家の中にありますし、凍結することはないだろうと思ったのですが、
友人からも、「今回は準備したほうがいいよ。」と言われましたので、
とりあえず、水が使えるようにポリタンクや空のペットボトルなどに水道水を入れました。
合わせると、ポリタンクが10L、ペットボトルが2L入り2本で4L、500mlが4本で2Lとなり、合計16L分を準備しました。
ところが、実際に当日になってみると、雪は数センチ降り積もったものの、水道管に関しては、凍結もなく普通に水が出てきました。
ですので、用意していた16L分の水を処分することにしたのですが、ただ捨てるのはもったいないので、何かの用途に使えないか考えました。
お風呂に入れるということも考えましたが、私の家のお風呂はお湯が出てくるタイプで、湯沸しをすることができないので断念しました。
次に考えたのは、トイレのタンクに入れるということでした。
ペットボトルの方はちゃんとタンクに入ってくれるので、トイレで水を流すたびにタンクに入れることができました。
しかし、ポリタンクに入れていた水は重たくて上に持ち上げきれず、床を水浸しにしてしまい、諦めることにしました。
最後に考えたのが、洗濯の際に利用するということでした。
重かったのですが、なんとかポリタンクを傾けて、洗濯機の中へ入れることができました。
凍結に注意して、水を準備するのは大切なことですが、後片付けがこんなに大変だとは思いませんでした。
良い勉強になりました。