毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

リフォームが必要になるのは築何年くらいしてから?

f:id:greenteajp:20161022172301j:plain

 

マンションと一戸建てでは違いがあるのは当然ですが、だいたいのところでいうと築10年を過ぎたあたりからリフォームの必要性が高まってきます。
住んでいる人がやる場合と、中古を購入して改築して住む場合が考えられますが、ここでは住み続けることを前提に考えたいと思います。
築10年から15年がたつ頃には畳も傷み、クロスも汚れてきます。

 

そこは目をつぶって暮らすとしても、洗浄機能付き便座や給湯器が壊れてしまうことがそろそろ起きはじめます。
マンションなら外壁などの大規模リフォームを行うころで、一戸建ての場合も外壁塗装や屋根修理が必要になってきます。
築20年を過ぎると洗面台の交換、トイレ、ユニットバスの交換、キッチンの交換などあれこれと出てきます。

 

ローンも残っているのにリフォーム費用をねん出する余裕はないとひたすら我慢するのも一つの方法です。
とは言え、引っ越しの予定がないのなら、いつかは古くなった部分は交換しなくてはいけません。
一気に費用がかさむよりは計画を立てて徐々に交換していったほうが懐が痛まなくて済みます。
マンションにしろ一戸建てにしろ、いったん買ったらそれで終わりなのではなく、築年数に応じた手入れが必要であるということを忘れずにいたいものです。


参考:「トイレリフォームの費用