読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

安保法案改正の審理翌日に思う、偏ったメディア報道に頼ってしまう危険性

安保法案改正の審理が終わり、賛成多数で可決されました。
その翌日は、新聞各紙は各記者が思い思いに自己の主張を展開する場になってしまっています。
それは本誌部分だけでなく、投書欄でどのような内容の投書を採用するかに関してもです。
私の地元の新聞は、完全に安保は間違いだ、戦争へひた走る、というような色合いの記事に染まっていました。
こういった状態を見るたびに、特定のメディアに情報入手元を依存する事の危険性をひしひしと感じます。
仮に情報の入手の手間を渋り、この新聞だけで世間のニュースを得ようとしたと仮定します。そこに載っているのは、戦争への不安を煽る文ばかりです。
これで戦争への不安に駆り立てられて与党をいたずらに変える選択が正しいのででしょうか?
その勢いに乗せられて、数年前に自民党から与党が変わった後、日本社会・日本経済において何が起きたかを忘れている人がいたら、その人は今一度冷静になって欲しいです。
この安保法案改正が日本の全てではないし、この新聞に載っている事が安保法案改正の全てでもないのです。
今一度、あなたが見ることが出来る情報を探してみてください。
出来れば、賛成と反対両方を読んでください。
その上であなたに芽生えた考えや感情こそが、誰からも犯されない尊いあなたの「政治観」なのです。