毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

ダイヤの4c

宝石言葉で「恒久」や「純白」といった意味を持つダイヤモンドは宝石の王様とも呼ばれ世界中で最も人気の高い宝石の一つとなっています。
その人気の高さからダイヤモンドは世界中で取引が行われており、換金性も非常に高くなっています。ダイヤモンドの取引はそのダイヤの大きさや輝き、希少性などによって買取価格が決定され、価値の高いダイヤほど高価買取をしてもらえることとなります。

一般的にダイヤには4cと呼ばれる共通の判断基準が定められており、この4つのランクから総合評価額が決まります。
この4cというのは「カラット」「クラリティ」「カラー」「カット」のことでそれぞれの頭文字が「c」であることから4cと呼ばれています。
「カラット」はダイヤの大きさのことであり、「クラリティ」はダイヤの透明度をあらわしています。「カラー」は色で無色透明なものほど価値が高く、「カット」はこの中で唯一人の手によって加えられた要素でありどの程度ダイヤの魅力を引き出しているかを判断します。

ダイヤ取引をする上で是非とも知っておきたい知識となります。
この4cについてはしっかりと理解を深めて、失敗のない納得のできるダイヤの取引を行いたいものですね。