読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

ヴェルファイアとは炎

自動車

この車を始めてみたとき、私が連想したのは「炎」でした。
もちろん、名前にファイアとついているからといった単純な理由ではなく、もっと深いちゃんとした理由があります。
私が見たヴェルファイアは、非常に深い赤、ワインレッドとでも呼ぶべき赤が特徴的でした。

 

この赤い色が車体全体に広がっており、それはまるで炎を宿す獣のようにも見えました。
それを裏付けるのが、ヘッドライトです。
ヘッドライトをよく見てみれば、それはまさに野獣の眼光と言っても差し支えのない瞳を作り出していました。

 

しかし、ヴェルファイアの素晴らしい点は外見だけではありません。
特徴の一つは目視できない場所までもを見通すパ野良ミックビューモニターです。
先ほど、ヘッドライトは目のようだと書きましたが、ヴェルファイアの目はもっと高性能な目です。
その目は、人間の目の目視では見落としてしまうような死角さえも見通し、運転が苦手な人にも、運転慣れをした上級者にも安心の機能になっています。
また、両手がふさがっていてもドアの開閉を行えるスマートエントリー機能は、かつてのドライバーの望んだ機能だと言えるでしょう。

 

参考:「ヴェルファイア下取り

 

この車は一言で言うなら、野心の炎燃え上がる車種だと言えるでしょう。
その力強い外見からは想像が出来ないほどに、その機能はドライバーのことを考えて作られています。
だからこそ、私はヴェルファイアに惹かれたのです。

 

f:id:greenteajp:20150313143807j:plain