読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

NHKで衆議院予算委員会を見ていた

今日、補正予算の集中審議をNHKで中継していたので見ていた。
維新の党の柿沢議員が次のとおり述べていた。
なぜ日本のマスコミはイスラム国のことを「イスラム国」と呼ぶのが不思議で仕方がない。
外国のマスコミは、別の呼称を用いている。
「イスラム国」と呼ぶということは、あたかも国家として認知しているかのようだ、と疑問を呈していた。
そして安倍総理も賛同する答弁をしていた。
自分も、日本のマスコミが「イスラム国」と呼ぶことに疑問を感じている。
日本のマスコミは、平和ボケしていると思う。
なぜ、テロリスト集団をイスラム国と呼ぶのだろうか。
マスコミは社内で、そういった常識的な議論をしないのだろうかと、きわめて疑問に思う。
また、共産党の議員は、沖縄の普天間基地移転問題を取り上げて、辺野古への移設に反対だと喚いていた。
反対だと叫ぶのは簡単だが、共産党が政権を握った場合、普天間基地を廃止したり、沖縄県外に移設することが可能なのか疑問である。
反対、反対と叫ぶだけでは民主党と同じで、政治家としての実務能力に欠けている政治集団と判断するしかない。
アメリカ軍が沖縄に駐留しなければ、必ず中国の人民解放軍が尖閣諸島に侵攻してくると思う。
国民の多くは、中国軍に対して脅威を感じているのだ。