毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

モスで働く高齢者が増えている

モスバーガーで働いている高齢者の人々が増えているというニュースを見かけました。
少子高齢化の時代にあって、年金制度も破綻しかけているとはいえ
今の高齢世代であれば働く必要はないのではないかと思います。

それでも働くというのはまだまだ働けて家でこもっていることを良しとしないということなのではないでしょうか。
せっかく労働力として換算できるのに雇用が未だ60歳までとなっているところや、
年金支給開始年齢が65歳になるなど官民で意識の隔たりが発生している中で
老後とはいっても安心できないというのが実情なのかもしれませんね。

私は無理なく働ける範囲であれば高齢者の方々が働くことに関しては賛成です。
運動になって健康にも良いですし、労働力にもなってそのお金がまた経済的に
循環していく流れを作れるのでデメリットはないと思われます。

若者の雇用機会が失われる可能性については外食や福祉系の仕事に就きたがらない人が
ほとんどなので人手が足りないことを考えると積極的にやりたい人をとっていった方が
当然双方にとってメリットが大きいはずです。

雇用側、被雇用者ともにメリットがあるこの流れがしばらく定着すれば
労働人口が足りないと嘆いてわざわざ外国人労働者を国外から連れてくるということの対策にもなると思います。