読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

【映画】グランド・マスター

映画

トニー・レオンがイップマンを演じる「グランド・マスター」鑑賞。
詠春拳のイップマン(トニー・レオン)八卦掌、六十四手の使い手ゴン・ルオメイ(チャン・ツィイー)形意拳の達人マーサン(マックス・チャン)八卦掌・形意拳の伝説の宗師ゴン・パオセン(ワン・チンシアン)「10年早いんだよ」でお馴染みの八極拳の使い手カミソリ(チャン・チェン)超豪華なバトルが繰り広げられるのかと思ったら。ラストバトルなきカンフー映画、つまりはヒューマンドラマ寄りだった。
とはいえ、見所はやっぱりカンフー対決なワケですが。本筋だけ追えばラブストーリーになるね。
カンフーアクションは、スパースロー多用でスピーディーな
ムービーというよりコンセプトアートの美しさ楽しむ感じに近い。
駅のホームで戦う、六十四手vs形意拳は手に汗握る展開で楽しめますけど、ラストバトルがこれだと主役は六十四手の使い手ルオメイな感じ。
イップマンは語り部に近いかも。
歴史上から消えたカンフーと残ったカンフーの物語としては楽しめるけど、イップマンとしては物足りなさも。道場の写真撮影でイップマンの横にいたのはやっぱり彼か…。
イップマンは、ドニー・イェンとデニス・トーも演じてますが似ているイェンとトーの作品に対して、トニー・レオン版は全然別物として楽しめます。
ラストバトルがないのでスカッとするアクション映画とは明らかに違いますね。
最後はちょっぴり悲しい気分になりました。