毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

【映画】ローン・サバイバー

本作の監督、ピーター・バーグは早い段階で「ローン・サバイバー」の映画を撮りたいと会社に訴えていたようです。
それに対し、映画会社は「バトルシップ」を先に撮って、成功したら「ローン・サバイバー」を撮らせてやるということだった。
バーグ監督、大金を使って「バトルシップ」を撮りましたよ。

ただ、金を使いすぎちゃって興行的には大赤字。つまり失敗。
「ローン・サバイバー」もなしになってしまったとか。
そんなバーグ監督を助けたのは、本作でマーカスを演じたマーク・ウォールバーグ。

映画関係者に頭を下げてバーグ監督に撮らせてくれと頼んで回ったそうだ。
ウォールバーグは、以前にも似たようなことをやっている人物で、ナイスガイのようだが、若い頃はチンピラで他人を傷つけ失明までさせた過去を持つ。
刑務所にも入っていた。

その謝罪の意味を込めて、人助けを買って出るいい人になっているとか。
人に歴史ありですな。
ちなみに、マーカスは帰国後軍を辞め、今は亡くなった19名の家族に謝罪する日々を送っているって話。

マーカス自身は羊飼いを殺したほうがいいと内心は思ってたみたいだけど、実際には世間の目とクリスチャンであることから解放を選択。
その選択により19名が亡くなったわけだから、責任を強く感じているんだろうね。
でも、選択に間違いはなかったと誇りを持って亡くなった19名の分まで生きるそうだよ。