読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

東京家族(映画レビュー)

主人公は広島県大崎上島町に住む老夫婦、平山周吉(橋爪功)ととみこ(吉行和子)。二人が東京に住む長男:幸一(西村雅彦)とその妻の文子(夏川結衣)の家に泊まりにやってくることから、物語は始まります。幸一は東京郊外で開業医を経営中。美容院を経営…

007スペクター(映画レビュー)

世間的には「スターウォーズ」の最新作が話題になっていますが、自分は「007」シリーズの大ファンということもあり、早速最新作の「007 スペクター」を映画館で見てきました。この「007 スペクター」が話題になっているのは、初期「007」シリーズの悪役とし…

東映版「はやぶさ」を観たよ!

今回の東映版は、20世紀FOX版が省略した打ち上げの場面から始まる。そして、はやぶさプロジェクトに関わったスタッフの人物像を、より丁寧に描いているように感じた。その分、前作のような、はやぶさ自体が意志を持ってしゃべるというような、メルヘン的な演…

「矢口史靖監督短編集」鑑賞

矢口史靖監督のビデオ撮影による自主製作短編集。 作品はすべてズームやパンを行わない、フィックスしたカメラによるワンショット・ワンシーン撮影で作られていた。 放映されたのは5作品、いずれも5分~6分程度の長さだ。 そのうちの1本、『心霊倶楽部』…

映画アルマゲドンに2010ってのがあったんだよ

あらすじ:彗星を核で撃墜したら破片が地球に降ってきた! どうやらアサイラム社がこのシリーズに目をつけたようです。んなわけで、今回はアサイラム社製作。前作よりは作品に金が使われてる気がするよ! 今回のパッケは地球蜂の巣状態ですが、やっと映画の…

ついに今年に公開されるジュラシックパークの新作

今年の夏に公開を予定している誰もが知るジュラシックパークの新作であるジュラシックワールドですが、どのような内容になっているのでしょう。まずこのジュラシックパークシリーズの軸は琥珀に入っている古代の蚊から血液などサンプルを入手し、恐竜を現代…

「幽霊ゾンビ」鑑賞

リスカ癖のあるタクシー運転手斎藤(ノッチ)が、主神村というところにお客(ちょっと生意気な女の子)を乗せてった帰り。藪の中から飛び出してきた男をうっかり撥ねて殺してしまうとこから物語はスタート。男の名は平野(柳憂怜)。どうやら民俗学者らしい…

「1941」鑑賞

豪華な登場人物について。やはり一番気になるのはジョン・ベルーシ&ダン・エイクロイドの『ブルース・ブラザーズ』コンビかな。ベルーシさんほとんどテロリストでしたが。ラストはなんで潜水艦に凸しようと思ったのか。 ミタムラ中佐役の三船敏郎は一人だけ…

ソウ ザ・ファイナル 3D鑑賞。

シリーズ7作目にして完結というのが今回の「SAW」。「5」、「6」あたりがつまらなかったけど、最後はきっちりまとめた感じで、面白かった。「3」ぐらいまでは何度も繰り返し見たのでアレ?って思うシーンもあったけど、まあストーリー的にはアリだろう。ジグ…

「漫才ギャング」鑑賞

邦画を観てよく笑ったなぁーと思ったのは久しぶりかも。 それぐらい面白かった。喧嘩とお笑いを熟知した品川だからこそ出来た作品じゃないかな。ほんと、品川やるじゃんって思ったね。ストーリーのテンポは良いし、何より大勢の芸人が登場するところも見逃せ…

歩道橋の上で両手を広げれば気分はジャン・バルジャン

レ・ミゼラブルを映画館で見たとき、あの感動は忘れもしない。今すぐ自分もフランス国旗を手に持って歌いだしたくなるくらいだった。CDも発売と共にすぐ買った。CDをウォークマンで聞きながら、雨の日に歩道橋の上で両手を広げた。そう、私はすっかり革命に…

【映画】グランド・マスター

トニー・レオンがイップマンを演じる「グランド・マスター」鑑賞。 詠春拳のイップマン(トニー・レオン)八卦掌、六十四手の使い手ゴン・ルオメイ(チャン・ツィイー)形意拳の達人マーサン(マックス・チャン)八卦掌・形意拳の伝説の宗師ゴン・パオセン(…

【映画】それでも夜は明ける

映画「それでも夜は明ける」は、本にはないエピソードも演出として盛り込まれている。例えば、南部に向かう奴隷船の中で、ひとりの黒人がナイフで白人に殺され、海に捨てられるというシーンは、映画オリジナルの演出。 白人にとって奴隷は商品。それを捨てる…

トム・クルーズ主演のSF大作「オブリビオン」鑑賞

トム・クルーズ主演のSF大作「オブリビオン」鑑賞。 このストーリーはメッキです。 物語が進むとメッキがどんどん剥がれていき、真の物語が登場します。 地球はエイリアンとの戦いに勝利するが、核の使用やエイリアンの手による津波や地震によって全壊し、人…

【映画】ローン・サバイバー

本作の監督、ピーター・バーグは早い段階で「ローン・サバイバー」の映画を撮りたいと会社に訴えていたようです。それに対し、映画会社は「バトルシップ」を先に撮って、成功したら「ローン・サバイバー」を撮らせてやるということだった。バーグ監督、大金…

映画『ハート・ロッカー』の感想

アカデミー賞6部門受賞。女性監督作品。アカデミー賞はその年のアメリカの世相を反映していると言われていますね。米軍の反省の時代は終わり、再度アメリカ軍のヒーロー化や復権を狙っている感じなんでしょうか?戦場にしか生き甲斐を見つけられず、精神的に…

映画『タイタンの戦い』の感想

それぞれのキャラが立っていて、筋書きも本当にわかりやすくて、現代的なアレンジも成功していました。 CGやVFXを多用した戦闘シーンもホントにド迫力で、こういう映画こそ劇場に足を運んで3Dで見れば良かった。今さら後悔しても遅いけれど…。同じサム・ワー…

「ラブ・アクチュアリー 」見ました。

先日のお休みに、友人から勧められていた映画を見ました。 タイトル:「ラブ・アクチュアリー(英題:LoveActually)」日本公開:2004年 今から約10年前に公開された映画です。「クリスマスとかに見るといい!」といわれていましたが、すっかり忘れていまし…