毎日ネットで独り言

何というか、あまり面白くないブログだと思います・・・独り言ですからw

債務整理とは何のことか解説しています。

f:id:greenteajp:20160126122432j:plain

 

皆さんは債務整理という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
言葉通りの意味で、債務つまりは他者から借りた借金の返済をする方法のことです。
弁護士や司法書士が間に立ち金融会社に無理なくお金を返せるように手続きを行うものです。
債務整理で最も取られるとされている方法が任意整理の方法です。

 

利息制限法の上限金利を超えている場合に借入の計算をしなおし、過払い金からその借金額を減額してもらうように交渉する流れになります。
任意整理において裁判所は一切関与しませんから、個人の責任にもなるので注意が必要です。

 

将来利息のカットも問題がなければほとんどのところで行えるので、一般の方が多く使う方法の一つです。
といっても交渉が遅すぎたりすると過払い金の存在がつかめなかったりしてしまうことがあるので、借入が自分の返済能力に見合っていないと感じたらすぐに相談をした方がいいでしょう。

 

債務整理は国によって定められた負債を負う者を助ける手段です。
借金の整理に対し抵抗のあるイメージを持っている人もいるかもしれませんが、決して悪いことではありません

 

普段の生活の中でも色々なイベントに参加したり、会社間の取引をしたりなどどうしても借入が必要になるということは日常的に起こっていることなので、すべての人に関係していることでもあります。
債務整理についての正しい知識を身につけけることによって、なにか金銭トラブルが起きてしまった時は、お近くの弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

 

入籍をする前に借金の有無をチェックしておきましょう。

f:id:greenteajp:20150221121354j:plain

 

借入があると結婚ができない、と悲観的になっている債務者は多いです。
実際は借入があっても、一緒になっているカップルは多いものです。
女性の債務者の場合は、お金を返済するためにお金持ちに嫁入りをする、という昔の物語のようなストーリーが現実に起きています。
男性の債務者であっても女性が金銭面に疎い、もしくはお金に対して気にしない性格なので借金があっても気にせず、なんてカップルが意外にも存在しています。

 

どちらにせよ、入籍前にはその有無を申告しておきましょう。
借金があると告白をして相手が去ったら、それまでの相手であったと判別する事ができますし、それでも結婚してくれた、という相手ならば返済を手伝ってくれる可能性もあります。

 

こちらが債務を背負っていない場合、相手がもしかしたら債務者の場合もあります。
相手に借金があったら周囲は一緒になるのを止めるかもしれません。
原因は何なのか、金額はいくらなのか、再び借入をする可能性があるか否かをチェックした後に、どうするのかを決めましょう。

 

入籍をしたら相手の債務があなたの債務にもなります。
相手が何度も借りることを繰り返す可能性も高いです。
それでもと言うならば周囲も納得してくれるでしょう。

 

借金を返済するための食費の節約。1日300円以内です。

f:id:greenteajp:20150518190143j:plain

 

借入したお金の返済に苦労していると一番最初に切り詰めることが出来るのは、やはり食事代を節約する方法になると思います。
僕も月々の支払いに頭を痛めているため、生活上でのあらゆる出費を抑えるように努めています。
食費にかける金額は1日300円以内です。
まずは絶対に家で自炊をするべきです。

 

一人暮らし生活だと5キロ約2500円程度の米を買うだけで、余裕で一ヶ月間は持ちます。
朝は卵かけご飯や、一本10円のうまい棒をバラバラにして、ふりかけのようにご飯にかけて食べています。
昼は醤油やみりんなどで作っておいたおにぎりを2つ、そして夜は5袋ひとパック298円程度のインスタントラーメンで賄っています。

 

飲み物は100円ショップに売っている麦茶20パックを3日に一度ほど水出しして麦茶を作って飲んでいます。
1日300円の食費というのは主にご飯にかける新しい調味料や納豆などのちょっとしたトッピングの事です。
こういった生活を借金返済のために続けていますが、味付けを毎日変える事が出来る分、まったく飽きることがありません。
ちなみに一ヶ月に掛かる食費は大きく見積もって1万3000円程度です。

 

クレジットカードなどを当たり前のように使いまくっていた当時と比べると約4分の1程度の食費で賄えています。
おそらく借金を完済させたとしても、今の食事スタイルを変えることは無いと思います。
自分なりに食費を浮かすプランを煮詰めたら、自然とこういった食生活になりました。

 

多額の借金で支払い不能とはどのような状態か?

f:id:greenteajp:20170213173136j:plain

 

多額の借金を負ってしまい、借金の返済をすることができなくなってしまった場合は、裁判所に自己破産の申立をすることになります。
そして、申立をすると破産の手続きが進行。
最終的にどうなるかと言うと、自分の財産と引換に借金を免除してもらうことができます。
自己破産を認めてもらうための要件として支払い不能になっている必要があります。
そこで支払い不能になっているということはどのような状態を指すのかというと、その人がどのような方法をもってしても支払うことが不可能である状態を指すことになります。

 

そのため借金の額が多いからといってすべての人が支払い不能と認定されるわけではありません。
逆に借金の額はそれほど多いとは言えない額でも人によっては支払い不能と認定される場合もあります。
そこで具体的に申立をした人が、支払い不能の状態にあると認めてもらうためにはどのような要件が必要なのでしょうか?

 

まず負っている借金の総額がその人の月収の20倍を超えることが必要になります。
それから分割弁済をする場合において、原則3年以内に返済することができない場合です。
さらに自分の必要最低限以外の財産をすべて処分をしても返済をすることができないこともあげられます。
以上のように、自己破産とは、簡単に認められるものではないいのです。

 

義父はどんぶり勘定の人で会社を潰して自己破産。

f:id:greenteajp:20170213173443j:plain

 

破産といえば私から言わせていただきますと、義父が自己破産しましたね。
まあ~あまりいい人ではありませんが書いてみたいと思います。
この義父はダンプの会社を自分でやっていたのですが、なんせ全てにおいてと言っていいくらいどんぶり勘定の男で倒産したんです。

 

人前ではいい顔を作りたがるし、また見栄も精いっぱいはりますし、又馬鹿みたいにお人よしです。
実際にみてみるとこりゃあ仕方ないといわんばかりの男です。
歳も74歳ですが、もう最悪です。

 

妻の前ではいいませんが、私はこの義父はとても警戒してるんです。
なぜかと申しますと、自分が自己破産したあと、私の妻、つまり嫁がせた自分の娘からお金を調達しようとしたことがありましてね、もうほんと最低の男です。
私には娘がいるのですが、もし、この娘が嫁いで私が破産したとしても私は絶対に娘からお金をとるようなことはしません。

 

そんなことをするくらいなら闇金でもかりますよ。
気が小さくて、お人よしで常識のないどうしようもない義父です。
現在はどんな暮らしをしているのか全く交流しなくなったものですからわかりませんが、倒産して自己破産した時の借金が2億ぐらいあったとか。

 

そんなになるまで、なんでほったらかしていたんだろうとつくずく思います。
ばかとしかいいようがありません。
心底そう思います。

 

そしてこの義父には悪いですけど、我が家は出入り禁止ということに私の中では決めています。
どんな状況になっても自分の娘から金をとることが、恥ずかしくないのか!ってどなってやりたいです。
こういうことがあってこの義父は信用できなくなりました。

 

全くいやな男です。
自己破産したくせに、いつだったか家にきときに私に「暮らしはどうだね?」なんて言ったこともあります。
なんて人だろう。

 

東京スター銀行おまとめローンで多重債務を一本化できました。

f:id:greenteajp:20151231190402j:plain

 

私はギャンブルにのめり込むタチで、気がつけば消費者金融3社から借り入れている多重債務者になっていました。
最初のうちはどこも限度額が50万円だったので目いっぱい借りても3社合計150万でしたが、
消費者金融の業者というものはある程度取引実績を積むと限度額を上げてくるものです。

 

3社のうちの一社に至っては、他社でも借りているのは分かっています、限度額を上げますのでうちで一本化しませんかと言ってくる始末。
一も二も無く私は限度額引き上げに応じました。しかし他社の利用も止めれませんでした。
そうこうするうちに債務が膨らんできて、各社とも返済しては即また借りる、ということが増えてくるようになってきました。
自転車操業的になってきたのです。

 

このままではいずれ破綻するのは目に見えています。
金繰りが苦しくなった原因はもちろん借り過ぎ使い過ぎだからなのですが、3社それぞれに年利18%の利息を払っている、というところにもありました。
これをもっと年利の安いところに一本化出来れば、返済は楽になります。
それに3社も借りていると自分は多重債務者という人生の失敗者だ、感じることがあり、精神的にも追い詰められ苦しかったのです。

 

そこでいろいろ考えた末に、東京スター銀行のおまとめローンに申し込んでみることにしました。
私は東京スター銀行に普通口座を持っており、その分同業他社に申し込むより手続きが簡単だったからです。
また普段取引があることで審査も甘くなるかも、という期待もありました。
来店のほうが心証が良くなるかもと思い、必要書類持参の上で実店舗に足を運び、申し込みました。

 

債務総額は270万。
総量規制には触れていないけど3社から借り入れているし審査は通るだろうかと不安を抱え過ごす事2週間強。

 

無事に審査を通過し、債務を一本化することが出来ました。返済方法は原則、月一回の口座引き落としで、ボーナス月等は一部くり上げ返済というものを利用して元本、債務額を減らすようにしています。
東京スター銀行のおまとめローンは債務を一本化して返済中も繰り返し東京スター銀行から借り入れが出来るのが難点といえば難点ですが、いまは完済を目指しコツコツ頑張っています。使い勝手の良い一本化サービスだと思います。

 

大きめのおしゃれな大きめのグラタン皿を購入。

f:id:greenteajp:20170201181929j:plain

前々から欲しかった大きめのグラタン皿を買いました。
実は、高校生くらいの頃から憧れがありました。
高校生の頃、結婚ということ自体にも憧れていたので、主婦像や理想の家庭などを想像することも多かったです。

私の母は、基本的に和食ばかりを作っていたので、家でグラタンを食べた記憶というのがありません。
だから、将来結婚したら、オシャレな洋食を勉強して家族に振る舞いたいと思っていました。
そして、ようやくグラタン皿を手に入れたのです。

しかも、予定より安く買えました。
何度かデパートやおしゃれな雑貨屋さんなどで見たことがありましたが、簡単に買える値段ではなく、見送ってきました。
大きめのグラタン皿に、どっさりグラタンを作って、大きなスプーンで取り分けて、家族で食べるというのは、私の長年の夢でした。

家族団欒という雰囲気も出ますし、何だかほっこりと幸せな気持ちになれそうなので、今から楽しみです。
早く使いこなせるように、グラタンの作り方をマスターしたいです。

グラタンだけではなく、ドリアにも挑戦してみたいと思います。
おもてなし料理にも向いていますし、誕生会やクリスマスなどにも作ってみたいです。
新しい食器というのは、テンションも上がります。